【バンライフ】ポルトガル基本情報 ↠ 道路・交通・キャンプルール ↞ など

vanlife ポルトガル基本情報Portugal

ポルトガルからスペインへ抜けたばかり。

現地からポルトガルバンライフ、基本情報をお届けします!

オラ〜!ベティです

 

ヨーロッパは陸続きだし、国境も何事もなく通過出来る為何も問題なさそうですが

国が変わればいろいろとルールも変わる。

 

コレがホントにややこしく、知らずにいると簡単に罰金を取られる事態に陥りますゆえ…

忘れないうちにメモしておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

交通道路事情

 

国によってはステッカーを購入し
車に貼っておかないと走ってはいけない違法な国もありますが

ポルトガルはないので大丈夫です。

 

高速道路事情

 

ポルトガルの高速道路は一部有料区間があります。

 

料金は車のサイズで料金が分かれており
我が家はバンなのでカテゴリー
2。

1区間€2程からでした。

 

一般車はカテゴリー1、トラックなどの大型車はカテゴリー3になります。

 

高速代金は日本の高速道路と同じくチケットを取って
降りる時に係員がいるゲートを通り
ソコで料金を払えるゲートもあります。

 

が!

高速道路でスペインからポルトガルの国境を越える時、外国人専用ゲートがあり

そこで日本のETCの様なシステムに簡単に登録することが出来ました。

ポルトガル入国

クレジットカードを登録するだけで簡単に出来るので
可能なら登録する事をオススメします。

 

万が一レーンを間違えた時にも登録してたら安心!

 

ガソリン事情

 

ガソリンはディーゼル1番安いのが€1.4xx程でした。

 

スペインと比べるとポルトガルの方が高いので

スペインからポルトガルに入る際は
ガソリン満タンにしておくことをオススメします!

 

平均的にどこも€1.4xx程でしたが

インターマルシェ、オウチャンなどの
スーパーマーケット経営のガソリンスタンドは

€1.2xx辺りと安めだったので

ポルトガルでガソリン入れるなら
スーパーマーケット経営のガソリンスタンドがオススメ。

 

だいたいスーパーの隣に併設してありました。

 

道路情報

 

ポルトガルの一般道、街に入るとだいたい時速50km

 

スピードカメラが多く設置してあるイメージで
地元の人も速度を守って走っているので

スピードオーバーしないように注意が必要です。

 

下道はのろのろ・のんびり進む感じです。

 

スポンサーリンク

キャンピング事情

ポルトガル、キャンプ場ではない所で
キャンプするのは違法です!

 

自然が豊かで、ステキなワイルドキャンピングスポットは
たくさんあるんですけどね〜
💦

 

キャンプ場やキャンプスポットを探す時
ヨーロッパのキャンパーみんな御用達のアプリ、パーク
4ナイト!

 

わたし達も場所を探す時はコレを使っています。

バンライフには欠かせないアプリ!

 

キャンプ場

 

ポルトガルのキャンプ場は比較的安く、€10程からあります。

ヨーロッパスタンダードなキャンプ場が主。

 

1区間ずつピッチに別れていて
ソレがずら~っと並んでいる感じです。

つまらない感じです~

 

ワイルドキャンピング

 

さきほども触れましたが
ポルトガルでのワイルドキャンピングは違法です。

 

ただ、パーク4ナイトでも
ワイルドキャンピングスポットはたくさんあります。

そして、ワイルドキャンプしてる人にもたくさん逢いました。

 

だがしかし!

特にキャンパーだらけの夏場。

そして特に人氣の海岸線は
警察のパトロールも強化しているようで

ワイルドキャンピングをしているのが見つかると
ただちにその場を離れる事を求められ
罰金も取られます。

 

他にキャンパーが居るから大丈夫だろうと思っても
みんなまとめて放り出され、罰金ですよ〜!

 

ワイルドキャンピング、違法です。

が、海沿いから離れたり、冬場だったりすると
そこまで警察も見張ってないようで、出来ない事はないようです。

 

わたし達はポルトガルではワイルドキャンピングしませんでした。

ワイルドキャンピングしたい方は自己責任で臨みましょう!

 

ちなみにパーク4ナイトではその場にステイした人達の写真・コメントがあるので
コメントを読むとどんな感じなのか想像出来ます。

 

海沿いのワイルドキャンピングスポットでは
警察が来て罰金やられたと言う方のコメントを至る場所で見ました
💦

ってコトで特に夏場はオススメ出来ません〜💦

 

ポルトガルは安全?

 

ヨーロッパ、安全そうなイメージがあるかもですが
スリ、盗難などはよく聞く話です。

特に大きな都市では。

 

ポルトガルも例外ではなく
リスボンやポルトなどの大都市では人も多いゆえ
いろんな人がいます。

 

コレもパーク4ナイト情報ですが
街中で昼間駐車して観光、買い物中などに
盗みに入られたと言うコメントけっこう見かけました。

しかも短時間の駐車、有料駐車場、ガードマンが居るところなどでもです。

 

日本よりその可能性は大いにあるので
情報収集は欠かせません!

 

パーク4ナイトは生の情報が得られるので
バンライフには欠かせないアプリです

 

ちなみにわたし達は大都市に行く時は
必ずキャンプ場にステイしてバスなどの公共機関を使って街中に出ています。

余計な心配しなくてイイし、確実に安全!

 

フランスで一度盗難に入られて以来
より慎重になり、回避出来る危険は回避するようにしています!

 

大切なお家に強盗が入ったらたまらないですもんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

バンライフ・ポルトガル。

  • ステッカーは必要なし
  • ワイルドキャンピングは違法。

 

わたし達はモロッコからスペイン
そしてポルトガルの海岸線沿いを北上して来ました。

 

ポルトガルの海岸線沿いは景色も良く氣持ちいいドライブ道が続きます。

海が絶景

ポルトガルの海

 

高速道路はつまらないので可能な限り下道を選んでいくのですが
小さな街を通り抜けたり、ステキなお店に出逢えたり

わくわくが詰まっているので
時間に余裕があれば下道でドライブオススメです♡

 

大都市以外はそんなに交通量も多くなく運転もしやすいです。

田舎道はどことなく日本の田舎に似てる感じもしてほっこり。

 

ポルトガルでバンライフ!

安全運転で、快適な旅を♡

 

その他ポルトガル情報もぼちぼちアップしていきます。

 

ではでは、

最後まで読んでいただきありがとうございます。

オブリガード♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました