【海外日本食 HACK !!】スーパーで手に入る代用品でお好みソースを手作り・オススメのブランドも

Asian

海外で、恋しくなる日本食。

 

たまに無性に食べたくなるお好み焼き…。

ハロ~! ベティです。

 

お好み焼きは簡単に出来るけど、海外でお好みソースを手に入れるのは困難…。

お好みソースがなければ、お好み焼きは成り立ちませんよね。。。

 

実は海外のスーパーで簡単に手に入るモノで

お好みソースは簡単に出来るので、メモしておきたいと思います。

 

合わせてお好み焼きのレシピと、オススメのマヨネーズも。

 

海外で急にお好み焼きが食べたくなった方へ

ワーホリなどでコレから海外で暮らす方へも

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

お好みソースの代用品はコレで作る

お好みソース作り方

 

必要な材料は3つ。

  • 醤油
  • オイスターソース
  • バーベキューソース

バーベキューソース 2
オイスターソース 1
醤油1

の割合位でいつも作っています。

 

意外にもこの組み合わせでお好みソースの味になります!

味見しながら日本の味に近づけてください。

 

バーベキューソースのオススメはどこでも手に入りやすいハインツ。

 

他のブランドのバーベキューソースも試してみたけど

Heinzのバーベキューソースが1番日本のお好みソースの味に近かったです。

 

スポンサーリンク

海外で作るお好み焼き・レシピ

 

お好み焼きは海外で手に入る食材で簡単に作れ

なんなら海外の方への評判もけっこうイイので

日本食をリクエストされた時にはさっと作れるのでオススメ。

 

海外でお好み焼きを作る時のレシピを載せておきます。

 

材料

  • キャベツ みじん切り
  • 小麦粉 適量
  • 水 適量
  • 塩 ひとつかみ
  • あれば粉末出汁 大さじ1
  • お好みでお肉・シーフードなど

キャベツ・小麦粉さえあれば出来てしまうので安上がり!

かつお節・青のりも欲しいところですが、海外では手に入りにくいので…。

 

ちなみに青のりの代用品はパセリ(乾燥)で可能です!

 

青のりの代わりにスーパーで比較的簡単に手に入る焼きのりでもイイですね。

 

作り方

小麦粉と水は作りたい分量だけ。

少しづつ様子を見ながら追加してください。

 

お肉は海外でなかなか薄切りがないので、ベーコンでよく作ります。

シーフードミックスもどこの国でも買えるのでオススメ。

 

あとは材料を全部混ぜて焼くだけ!

 

粉末出汁も海外ではなかなか手に入りにくいので

わたしは日本出発前に無添加の粉末出汁を購入し、袋を開けて大切に使っています。


こんな感じのものですね。

 

パックに小分けされている袋を開けて、中身をそのまま使う!

使い方としては間違っていますが…。

この方法だと長持ちするし、意外と出汁の味もよく出て氣に入ってます!

 

スポンサーリンク

海外でオススメのマヨネーズブランド

海外のアジアンショップやスーパーでもたまに

日本のキューピーマヨネーズを見かけますが…。

 

けっこう高い!

 

現地でいろんなマヨネーズを試しましたが

このマヨネーズが味も日本のマヨネーズと比較して違和感なくオススメ!

 

ヘルマンのリアルマヨネーズ


パッケージはコレです。

 

比較的どこの国のスーパーでも手に入るし

価格も現地価格で安く買えるのでオススメです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

お好み焼き

 

少ない材料で簡単に作れる。

 

そして、海外の方にも結構評判なお好み焼き。

ジャパニーズ パンケーキなどと呼ばれているようです。

 

お好みソースが手に入らなくても、自分で簡単に作れちゃいます。

 

海外でお好み焼きが恋しくなったら

日本食の振る舞いにもぜひ、作ってみて下さい!

 

ではでは

最後まで読んでいただきありがとうございます♡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました